笑いヨガのやり方ってどうやるの?ストレス解消の効果について説明!

「笑いヨガ」という言葉を最近よく耳にしますが、笑いヨガと、一般のヨガ。ふたつはどのように違うのでしょうか?

今回の記事では、笑いヨガの効果や、やり方について書いていこうと思います。

Sponsored Link

そもそも「笑いヨガ」とはどういうものなの?

「笑い」ヨガという名前が付いているからには、もちろん、一般的にいわれるヨガとは異なるものです。

別名「ラフターヨガ」とも呼ばれているこの笑いヨガ。ヨガの呼吸法に、”笑う”という要素を取り入れ、組み合わせたものになります。

 

本来、人が笑うときというのは嬉しいことや楽しいこと、面白いことなどが先にあって

そういった出来事に対してリアクションとして笑うというのが普通です。

ある意味、「受動的に何かによって笑わされている」と解釈することができそうですね。

 

ところが、この「笑いヨガ(=ラフターヨガ)」の場合は、能動的に自らが笑うことが重要とされています。

”リアクション”ではなく”アクション”として、笑う。

嬉しいことや楽しいこと、面白いことがなくても笑う。これが笑いヨガ最大の特徴になるんですね。

 

笑うことと健康との関係性がすごい!

「笑うことは健康に良い」

そんな言葉をあなたも一度は聞いたことがあるはずです。

 

ただし、それは医学的に、または科学的に証明されていることなのでしょうか?

笑うことが、民間療法的に「良さそう」って範疇を超えて、エビデンス(証拠)があり健康に良いと実際に証明されているのでしょうか?

・・・ということで、ここで、笑うことと健康の関係について書いていきたいと思います。

 

若くて健康な人だとしても、その体にはつねに3000から5000ほどのガン細胞が発生しているそうです。

ガン細胞だけでなく、日常的に人が生活していくためには、沢山のウイルスがいるような場所に居ることが必然とされています。

 

そんな、些細な風邪菌のようなウイルスからガン細胞まで・・・

様々な私たちの健康を脅かす存在と戦ってくれるのが、人間の中にある、「NK細胞」と呼ばれる細胞。

NK細胞を活性化させるのに効果的なこととして、「笑う」という行為が挙げられるそうです。

 

良い事があってこその笑顔じゃなくて
笑顔でいりゃ良い事あると思えたら それが良い事の 序章です
(PADDLE)

そう歌ったのは有名なMr.Childrenですが、笑うことは、心理的な面だけではなく、身体的にも非常に重要なのですね。

 

ちなみに、楽しいことや嬉しいことがあったときに受動的に引き起こされる「笑い」

笑いヨガで提唱されている、何も無くても受動的に起こす「笑い」

この二つのタイプの笑いはいずれも、変わらず同じように健康面に作用することは医学的に証明されているとのこと。

Sponsored Link

■笑いヨガの効果とは?

笑いヨガの効果についてですが、先ほどの項目でふれたように、心身ともに沢山の恩恵をもたらしてくれます。

もちろん、その効果のほどは前述したNK細胞の活性化だけに留まらず、

ココロとカラダのあらゆる部分に高い効果を発揮してくれるのだとか。

とくにストレス解消の方法を探しているような人は、実践すれば大きな効果が期待できそうですね。

 

「笑いヨガを続けていると、脳、免疫系・消化器系・生殖器系・心肺機能等の
身体やメンタルヘルスに効果が高い。

それだけではなく、日常生活に笑いや遊び心があふれるようになり、心豊かで快適な毎日を過ごせるようになる。」

また、

「コミュニケーション能力や協調性も増し、仕事面でもハイパフォーマンスが発揮できる。

つまり、ビジネスライフ・ソーシャルライフ・パーソナルライフの全てを変化させる。」

そのように、日本笑いヨガ協会は説明しています。

 

たしかに、ただ笑う。それだけで心身ともに活力がみなぎって健康になっていく感覚というのは、

私たちは日常の色んな場面で経験していることですからね。その効能について疑う余地はなさそうです。

 

笑いヨガのやり方はどうやるの?その方法は?

笑いヨガについて、”「ヨガの呼吸法」と「笑うこと」を組み合わせたもの=笑いヨガ”

そういった説明を冒頭しましたが、ヨガの呼吸法というのには特別にこだわる必要はありません。

心配な方は、瞑想にもよく用いられている、息を吐くときに体をリラックスさせる逆腹式呼吸を採用すればいいでしょう。

 

ただし、笑いヨガのすごいところは、笑うことで自然に正しい呼吸法が身に付くところ。

やはり呼吸にばかり意識を集中させてしまうよりかは、「笑うこと」ただその一点に気持ちを持って行く方がよさそうですね。

 

笑いヨガの具体的なやり方は、

なるべく大人数で、手を叩きながら、子どもの気持ちに帰って笑う。

この一言に集約することができます。

 

大人数の方が望ましいというのは、

たとえば、となりにいる誰かが笑っていると、こちらまで何だか笑いたい気分になりますよね?

あの原理を利用することで、笑いヨガの効果を飛躍的に倍増させやすいからです。

ですので、可能であれば、笑いヨガ専門のレッスンやスクールに通ってみるのも良いと思います。

 

手を叩きながらというのも同じような効果があります。

本当に面白くて笑っているとき、人は手を叩きながら笑いますよね?それを再現するんです。

また、手のひらにある細胞を活性化させるのにも一役買ってくれるそうです。

 

そして忘れてはならないのが、子どもの頃のように笑うということ。

結局はこの「楽しみながら」という姿勢が最も重要なのでしょう。

どんな健康法も、眉間に皺をよせながら取り組んでいたら、笑うことで得ることのできる先ほど挙げた効果も取り逃がしてしまいます。

ましてや、「笑いヨガ」です。せっかくなら、思いっきり楽しみながら実践しましょう!

 

笑いヨガについての書籍DVDも書店などで普通に発売されていますので、

笑いヨガを実践するに祭して、購入&活用しても良いかもしれませんね。

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)